◆メガ1000 チタン デジタル電波時計 MEGA1000 Titanium

クリックで拡大
品番>>026/2801.00
価格>>\73,500-(税抜)
品番>>026/2800.44
価格>>\84,500-(税抜)
<共通仕様>
■ムーヴ:クォーツ(電波時計)
■ケース:チタン
■バンド:2801>ラバー
     :2800>チタン
■防水:日常生活防水(5気圧)
■サイズ:縦約36mm×横約38mm×厚約10mm
■他:日本・ドイツ・アメリカ局対応電波時計/クロノグラフ、アラーム、タイマー機能
■社外革バンド取付け不可
SOLD OUT・・

下のサムネイルをクリックすると大きい画像がご覧いただけます。





■電波時計は国産しかないと思ってませんか??実は舶来物の電波時計もあるんです。こちらはドイツ・ユンハンスの電波時計。国産にはないデザインセンスはさすが!今一番カッコいい電波時計!

■エッジのきいたスタイリッシュなケース。大小の数字でメリハリよくシンプルにまとめられた画面表示。工業的な雰囲気が漂うドイツらしいデザインのデジタル電波時計です。サイドがむき出しのガラスなど、まじめな日本じゃ強度やら安全性やらでお蔵入りになりそうなデザインも、ヨーロッパなら製品化してきます。カッコいいなぁ。この辺がデザインに対する根本的な意識の違いなんでしょうね。日本の時計がスイスやドイツを越えられない最大の壁は”デザイン”だとつくづく思いますね・・。

で、ドイツ製ですがもちろん日本でも使用可能。・・というよりドイツ(ヨーロッパ全域)・アメリカ・日本×2の計4つの基地局に対応しているのでほとんどの先進国で電波時計として機能する「ワールドタイム電波時計」なんです。他にもクロノグラフやタイマー、アラームなど、デジタル時計ならではの多機能さもポイント。ブルーに光るバックライトもいいですねー。

【チタンケース】
この2モデルはチタンケース。変にSSっぽく見せるのではなく、チタンらしいグレーの色を強調し、工業的なデザインを引き立てています。マット仕上げの質感もイイですね。なんというか戦車のようなカッコ良さ?伝わるでしょうか・・


【ユンハンスと電波時計】
電波時計市場は国産が中心ですが、実は開発の歴史はドイツの方が古く、このユンハンスは世界初の電波時計を作ったメーカーとして知られています。過去にはセイコーに電波時計ムーヴメントを供給していたこともありました。最近はマックスビルシリーズばかり取り上げられるユンハンスですが、どちらかといえばこっちが本業なんですよ。




■バンドは基本的に純正しかつけられません。時計の値段的にも廃番後はあまり長い部品供給は望めなそう・・、ラバーバンドなんかはその辺がちょっと心配ですね。あと国産電波時計のようにソーラー発電ではありません、2年に1度程度の電池交換が必要です。特に難しい交換では無いですが、扱っていないお店に持ち込むと断られるかメーカー送りにされるかもしれませんのでご注意を。お買い上げ後のメンテもできるだけ当店にお任せ下さい。
※辛口チェックについて・・・



◇ 36回無金利フェア実施中!!
店頭価格問合わせの上、シュミレーションへGO!



■ユンハンス(ユングハンス)
1861年創業のドイツ老舗時計メーカー。伝統技術を守りながらも近代テクノロジーを意欲的に取り入れ、1980年代には世界で初めてとなる電波時計を開発。一時は世界最大の時計メーカーともなりました。技術力もさることながら、外部デザイナーを積極的に起用するなど、スタイリングにこだわる姿勢も欧州ブランドならではです。
※マックスビルシリーズはこちら



※アフターサービスも当店にお任せ下さい






※当店はユンハンス正規取扱店です。
◇当サイト上にない商品でもお気軽にお問い合わせ下さい。


※商品一覧に戻る