◆フィールドマスター 限定モデル Field Master limited eddition
■ムーヴ:機械式自動巻(6R15)
■ケース/バンド:ステンレス(ハードコート)
■防水:20気圧防水
■サイズ:径約42mm×厚さ約13.5mm
■他:外胴プロテクター/回転式ベゼル/八木清氏限定コラボモデル(300本)/メーカー1年保証/交換用レザーバンドつき/社外革バンド取付可(取り付け幅21mm)

品番>>SBDC015
定価 >>\115,500-

SOLD・・・

下のサムネイルをクリックすると大きい画像がご覧いただけます。





■セイコーのスポーツライン「プロスペックス」から、新シリーズ『フィールドマスター』が登場。セイコーらしい技術を盛り込んだ機械式フィールドウォッチです。こちらは写真家”八木清氏”とのコラボレーションによる300本限定モデル。

■まず目に飛び込んでくるのは、包み込むようにケースを受け止めるブラックの金属パーツ。セイコーが独自開発した外胴仕様のプロテクター構造です。1975年にダイバーズウォッチでデビュー。耐衝撃性の飛躍的な向上はもちろん、デザイン面でも注目を集めました。今なお現行モデルに受け継がれ、セイコーダイバーの代名詞ともいえる構造です。
そんな外胴プロテクターを採用したフィールドウォッチがこの「フィールドマスター」。ちょっと詳しい人なら一見ダイバー?と、思うかもですが、簡易方位計つきの回転ベゼルや大き過ぎない角型インデックスが、そうではない事を教えてくれます。特にこの限定カラー「レッドゴールド×ブラック」は、ダイバーにはない高級感を漂わせていますよね。そしてこの”ダイバーよりちょっとドレス寄り”なテイストこそが店長一番のオススメポイント。街中で巻いていても変なバカっぽさがなく、普段使いでもあまり違和感がありません。スーツにも・・・、とまでは言いませんが、きっとオールマイティーに楽しめる時計だと思います。

■もちろんトレッキングや登山にも。防水こそ20気圧とダイバーには及びませんが、フィールドウォッチとしては十分な数値です。本格的なダイビングでなければそのまま水に入ってもOKですから、軽いトレッキングから少々ハードな登山まで幅広く活躍してくれそうですね。

>>遭難しても安心??(笑)
裏ぶたには9種類のエマージェンシーシグナルコードを刻印。これは緊急時に外部との意思疎通を図るための記号で、例えば山で遭難した時、枯れ枝を並べて記号を作り、上空を飛ぶヘリにこちらの意志を伝える・・といったものです。使うかどうかは別ですが、面白い!


>>限定モデルです。さらに当店独自プレゼントも!
ブラック×レッドゴールドのカラーリングは写真家”八木清氏”とのコラボレーションモデル。300本の限定生産で、裏ぶたにはシリアルNoも入るほか、限定モデル特典として交換用の革バンドもついてきます。・・さらにBESSHOオリジナル特典として「バンド交換用の簡易工具」もプレゼント!気軽に付け替えを楽しんでください。




■キャリバーには比較的低価格帯から使われている汎用機「6R」系を採用しています。同じ外胴仕様のプロダイバーが上位の「8L」系を使っている事を考えると、ちょっと物足りない気も。まぁだからこそこんな買いやすい値段なんですけどね・・。個人的には限定モデルなんだから値段は倍になっても8L計を使ってほしかったかな。


※辛口チェックについて・・・


※商品一覧に戻る